admin

ケガや病気などが理由で、生活や仕事などに制限のある人に支給される「障害年金」。障害認定基準などの条件があり、ケガや病気があれば支給される、というものではありません。認定されれば、障害の程度や加入していた年金の種類によって異なりますが、平均的には、6~16万が支給されます。年金の種類によって、支給される障害年金の名前が変わり、国民年金加入者は「障害基礎年金」、厚生年金加入者は「障害厚生年金」、共済年金加入者は「障害共済年金」として支給されています。障害基礎年金の金額は、平成29年度は1級認定者が974,125円、2級認定者が779,300円と決められており、これに障害厚生年金や障害共済年金が加算されます。3級認定者には障害基礎年金の支給はありませんが、要件を満たしていれば3級の障害厚生年金が支給されることも。配偶者や子どもがいれば、条件によって加算もあります。

障害年金障害年金は生活支援のために支給される年金です。そのため、認定条件も厳しく、準備する書類や作成をお願いする書類の数も多岐に渡っています。自分で手配するとなると、とても大変です。障害年金の支給を受けようとする本人が行うのであれば、障害の度合いによっては、時間がかかることも多く、保護者などが代理申請するのであれば、委任状などプラスで準備することや、本人でなければわからない、などの項目についての確認など、何度も申請先である年金事務所や、認定医、かかりつけ医などのところを行き来しなければならないこともあります。

それでも、認定されれば大きな助けとなる障害年金。このサイトでは、障害年金の申請手順と、申請が難しい場合の相談先としての社会保険労務士事務所について紹介します。